例会 · 18日 1月 2019
日(1/18)一月の第二例会を開催しました。 卓話は「年男の今年の抱負」ということで、該当するメンバーは全部で6名いたにもかかわらず、今日出席したのは藤島多賢会友と、開保津勝矢会友の僅か2名・・・。5分も話せば十分と思っていたこのお二人は、結局15分話すハメになりました。 それでもさすがはロータリアン、お二人ともきっちりお話をされました。 またロータリー財団奨学生に選ばれ、この秋より英国の大学院に留学する田中綾乃さん(田主丸町出身、明善高校→西南大学)の「送り出しクラブ」を当クラブが務めることになり、本日初めて例会場に来て頂きました。出発前に一度卓話をしてもらうと良いですね。 なお、この田中さんの送り出しクラブカウンセラー(アドバイサー)の任を福山裕夫会友に担って頂くことになっています。(会長 藤田)
例会 · 12日 1月 2019
本日(1/11)新年祈願例会を高良大社にて行いました。 早朝からの集合となりましたが、身の引き締まるような空気のもと、参加者全員で本殿での参拝を済ませ清々しい気持ちとなりました。 例会では大社の宮司である竹間宗麿会友より「年々若い方の参拝が増えている」という素晴らしい報告がありました。 特に今年は「御世代わり」がある年です。日本が近代化してからの百数十年の間は、天皇陛下が崩御なされて、その悲しみの残る中で新しい元号に進み入る事が続いたのですが、 今年はそういう事ではなく「祝祭」として新しい御世を迎えます。これを一つに機として若い世代が日本の歴史や文化、なにより日本の精神(こころ)に関心を増してくれると良いですね。(会長 藤田)
例会 · 22日 12月 2018
本日(12/21)は今年の最終例会を行いました。 ゲスト卓話として、株式会社トータルケアの代表取締役社長でいらっしゃる村中剛士をお招きし、「在宅看護と訪問看護」という演題で、ご講演を頂きました。 親の介護をなさっている方、自身が介護を受けるようになるまでのカウントダウンが始まっている方(失礼!)と、ロータリーメンバーとしても身近なテーマでした。 例会終了後には次年度理事会も開催され、次年度人事の骨子が決まりました。 今年のロータリー年度も半分を終えたことになりましたが、会友皆様のお力添えで何とか無事に年の瀬を迎える事が出来ましたことを感謝申し上げます。(会長 藤田)
01日 12月 2018
久留米市内にある4つのロータリークラブから有志が集い結成された男声合唱団「ザ・アウト・オブ・バウンズ(略してOB)」のデビュー映像です。 福岡県を中心とする当エリアは、国際ロータリーでは第2700地区とされていて、かつで当地区のガバナーを務められた故・本間四郎氏が作詞・作曲したのが「2700のマーチ」です。 ロータリーソングは数あれど、地区独自のオリジナルソングを持っているのは、当地区だけではないでしょうか?(もし、あったら教えて下さい) 初舞台の1曲目は、この「2700のマーチ」で、2曲目は久留米にもご縁の深かった中村八氏大作曲の「見上げてごらん夜の星を」でした。 ちなみに指揮を(普段のコーラス指導も)しているのは、本間敬二氏(久留米RC)で、前述した故・本間PGの次男でもあります。 https://www.youtube.com/watch?v=smd7WhBLmtc
14日 11月 2018
本日(11/14)国際ロータリー第2700地区第6グループの会長幹事会が行われました。 小川哲彦ガバナー補佐(甘木RC)のもと、第6グループ(鳥栖・小郡・甘木・浮羽・久留米・東・北・中央)のクラブ会長・幹事、それに事務局全員が出席しました。 主な議題は来年2月のIM(インターシティ・ミーティング)と、その登録についてでした。 議事の後は引き続き懇親会が開催され、中央クラブの江口会長のお世話により設営された二次会まで大いに懇親を深めるひと時となりました。 ご参加された皆様、お疲れ様でした。(会長 藤田)
13日 11月 2018
本日(11/13)久留米ローターアクトクラブの11月第一例会が、久留米あかつき幼稚園で開催されました。 久留米RCからは福山RAC委員長、藤島会友、坂田会友、そして藤田会長が出席しました。 また福岡からも多数のアクターがオブザーバーとして参加しました。 例会卓話は藤田会長から「今、皆さんにお伝えしたいこと」と題して、アクターとして、また社会人としての心構えから「イイ男の見分け方」に至るまでの話がありました。 何かひとつでも皆さんの心に残る言葉があれば幸いです。(会長 藤田)
例会 · 12日 11月 2018
合同例会が終了し、引き続き催された懇親会では、ついに男声合唱団「アウトオブバウンズ」(略してOB)がデビューを果たしました。 三つのパートに分かれた男性三部合唱により、「2700のマーチ」と「見上げてごらん夜の星を」の二曲を披露しました。 初のステージということで緊張感が漂っていましたが、立派にハーモニーを響かすことが出来ました。会場からも「(思っていたより)上手かった」という声が過半で、コーラスメンバーもやり切った喜びを感じました。 きっとこれで「病みつき」になるでしょうね。(会長 藤田)
例会 · 12日 11月 2018
本日(11/12)は久留米市内にある四つのロータリークラブの合同例会(毎年1回開催)でした。 ゲスト講師は、毎年のように全国大会で好成績を収める東福岡高校ラグビー部監督の藤田雄一郎氏でした。 講演の中身は素晴らしく、現代のリーダー像とマネジメントを示唆するもので、感銘を受けた会員も多かったのではないでしょうか。 ところで、講演が終わって久留米RC会長が謝辞を述べる役目だったのですが、藤田雄一郎さんに藤田喜一郎が謝辞を言うという、瞬間「?」となりそうな場面となりました。 (会長 藤田)
例会 · 10日 11月 2018
本日(11/9)は11月の第一例会となりました。先週は「会長の幼稚園が入園願書の受付だった」という、あまりに私的な理由でクラブを休会にしました(ゴメンナサイ)。 久留米RCの例会では毎回クラシックの演奏家による「癒しの音楽」があるのですが、今日はピアノ、オーボエ、バイオリンという珍しいスタイルのトリオ(三重奏)でした。 月末にはこの三人のメンバーによるコンサートもあるとのことですが、ご盛会を祈念します。 さて本日の卓話ゲスト講師は、久留米市柔道協会々長の竹下喜隆様でした。国内と世界の柔道事情から、久留米市内の高校柔道部員から2020東京五輪でメダルを狙えるお話まで多岐に亘るお話でした。 お世話をして頂いた黒岩プログラム委員長の柔道の恩師でもあるそうで、良いご縁を有り難うございました。 (会長 藤田)
07日 11月 2018
本日(11/7)は、第一回ロータリー塾が15名の参加者を得て開催されました。 岡野秀雄会友から「国際ロータリーの歴史と久留米ロータリーの歴史」、井手和英会友からは「RIよもやま話」と題して、内容のある講話がありました。 特に会員歴の短いメンバーにとっては、大変参考になったのではないでしょうか。 担当して頂きましたR情報委員会の永松雄一郎委員長、お疲れ様でした。また貴重な機会を有り難うございました。

さらに表示する